metagraphics

ハニーセレクトやプレイホームで作成した作品を掲載しています。 Adults only, or 18 and older

HS works 56-58 ”THICC SWEET” & メイキング

metagraphy HS works 56

エロ担当の新キャラです。
方向性としては、豊満型でだらしない体つきで、包み込む包容力があって、天然癒し系で、でもちょっとビッチっぽいキャラクターを目指してみました。
もっと腹肉とかムチムチ表現してインパクト出しても良かったけど、いろいろバランス考えた結果、とりあえず最初はこんな感じに。

HS works 55 sweat wip

metagraphy HS works 55a

背景無し。コスチューム無し。裸体のみ。Think Simple.
主体にフォーカスするために一切の無駄を省き、あえて”プレーン”さを追求してみた。
とか書いておけば手抜きさが若干和らぐはず…。
髪の毛が重力を無視しているのは妥協しちゃった点だけど、最近髪型にちゃんとボーンを入れれるようになったので、いつかその成果を見せれたらいいな。

ライティング考察 その3 いろいろ小ネタ集 ※追記あり

top.jpg 
ライティング考察シリーズ第3回目となる今回は小ネタ集です。
早くもネタ切れかと思われそうだけど、意外とこういう小ネタのほうが実用性あったりするんですよね。でも既出ネタばっかりだったらごめんなさい。

HS works 54 鎌ファンタジー

metagraphy HS works 54a

このコーデ結構気に入ってたんだけど、あまり汎用性も無く、使いづらいのでお蔵入りしかけてたけど、ポージングがいい感じにこれにハマったので完成までいけたやつ。
ちなみに今回のポージングはこのフィギュアをリファレンスさせてもらった。この美しい脚の曲線具合を出したかったんだけど・・・まぁ難しいもんだね。

HS works 51-53 ギターガール第2弾

metagraphy HS works 53b

約1ヶ月ぶりの作品投稿になろうとは。一日一作品の目標は何処に…。
原因は言うまでもなくModイジりに手を出してしまったことで、見事にドハマり中。
古くはUnrelaTournament(1999)の頃からModを愉しんできたけど、まさかエロゲというジャンルでここまでハマってしまうとは自分でも驚き。これもハニセレの持つポテンシャルと先人たちが築き上げてくれた自由な創作環境のおかげです。
しかしUnity関連のゲームは初めてなもんで、仕様やツールに慣れるまで結構時間がかかった。でも先人たちがネット上で共有してくれた知識のおかげでかなり助かりました。Skyrimの頃はこういうの全部英語だったもんな…。ホント感謝っす。

さてさて、そんなわけで最近撮った作品群は”ロックな感じ”の第2弾。Modイジりの甲斐あって僕の思い描いてる理想にチョッピリ近づくことが出来たかなぁ、なんてことを感じてます。

エフェクトMOD : SpotBeam


てなわけでやっぱり投稿しときます。
前回の記事で使ってる円錐形状のビームエフェクトMOD「SpotBeam」です。
重要あるかどうかわかりませんが、ダウンロードは下記アドレスからどぞ。
上記使用例のサンプルシーンも同梱してます。

ビーム状の光の表現



タイトルの意味は動画を見てもらえればわかるかと。
ライティング解説記事用のスクショを撮ってる時、光の向きや範囲をわかりやすく見せるために、円錐状の光(ステージのスポットライトでよく見かけるやつ)を疑似的に表現できないかなぁ、と考えてたんだけど、今日ちょっと閃いたものを試してみたらわりとうまくいったので紹介。

ライティング考察 その2 スタジオライティング編

lightingtips2_01.jpg

前回は基本的な概要と環境準備について簡単に説明したので、今回は実際のライティング作業の一例を取り上げてみます。
ライティングといっても用途に合わせた様々な手法があるけど、今回はその中でも”明暗を強調したメリハリのあるスタジオポートレイト風ライティング”に挑戦。

ライティング考察 その1 概要&準備編

lightingtips1_00.jpg 
プレイホームではIBLにとどまらずグローバルイリュミネーションまで実装するMODが登場し、ついにイリュゲーまでも”物理的に正確なライティングを実現できる時代に入った”と言える昨今において、ハニセレの基本ライティング解説記事に今更どのぐらいの需要があるのかわからないけど、以前からリクエストを受けたりしていたので適当にまとめていこうと思う。時代遅れでレガシーな内容かもしれないけど誰かの参考になれば嬉しく思います。

というわけで第1回目は基礎的な概要についてまとめてみた。

HS works 46,47 メナトRETRY

metagraphy HS works 46b

以前にプレホで再現を試みたメナトが微妙すぎる出来だったので今度はハニセレで挑戦。 流石にMODが豊富な分、前回よりかはマシな気がする。色々妥協はしてるけど。